マキタ学級日誌

マキタスポーツ率いるマキタ学級が贈る活動日誌
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
・出演スケジュール
2/5(木)@新宿LOFT「Rock is Culture2015」出演(Fly or Die)
3/20(金)@渋谷TSUTAYA O-EAST「マキタスポーツEXPO2015」出演(Fly or Die)
4/24(金)@六本木morph-tokyo「Rock is Culture2015」出演(Fly or Die)
PROFILE
プロフィール

マキタ学級
オフィス北野所属のマキタスポーツ率いる音楽プロジェクト。2001年にマキタスポーツのバックバンドとして構成され、2006年3月より精力的にライヴ活動を展開。これまでにシングル1枚とアルバム3枚をリリースした。現在はジミー岩崎(Key)とゲイリー堀崎(G)を加えた5人編成となり、シリアスなロックバンドからコミックバンドまで演じる幅広いエンターテイメントショーを展開。2014年初頭よりV系バンド・Fly or Dieとしても活動している。
L→R ウチノファンタジー(Ds)マキタスポーツ(Vo)スーパーモリノ(B)
RECOMMEND
推定無罪
推定無罪 (JUGEMレビュー »)
マキタスポーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH
どうなる!?マキタ学究
マキタ学究に出られない。

このことを、どう考えるのか?これが今のマキタ学級の面白さだと思う。

三年前か。「マキタスポーツ、メジャー化計画」を学級で企画したんだけど。
それを着実に実行してきたことは、ここの読者だったら分かってくれるはず。

実際メジャー化計画を実行して、学級のメンバーはそれを後押ししてくれた。
能書きとしては、おそらくそういうことなんだろうなとは思ってはいたけど、こんなにも「やりたくないこと」をやるとは考えてなかったな〜。

でもね…

そういうところにしか“チャンス”はなかったの。もう、アングラはやり尽くしたから。刺激もなかったし。
「つまらない」ことをする道理は人としてないし、ましてや、こちとら芸人。
己の「快いこと」を体現しないで、何が芸人かと。でも、金は稼げなかった。

「売れる」ってのは、つまり金を稼ぐことだから、信用を得る場所に入り、しかるべき信用を得て、その成果として対価を得ると。このことを、見て見ないふりをして過ごしてきたわけ、俺は。
世間には、「払う人」と「払わせる人」がいて、そこにマーケットがある。金は回ってる、“そこ”で。
たぶん、「売れる」って条件を得るためには、この前提に立たないといけない。

俺は全てに飽きて、全てに絶望して、結果を金に絞った。
それが唯一の自分のベンチャーだったから。
そこにしか「面白きこと」を感じる可能性を感じることしか出来ないぐらい、自分のやりたいことしかやってこなかった。

仕事が増えれば増えるほど、自分がやりたくないことが増える…。
でも、そこまでしないと「感じる心」が発動しなかったって、どんだけだよ俺!欲深いな俺!

そんな恥知らずな自分に一番ときめいたんだよね。

思い描く「売れた」には成れるんだか、成れないんだか(笑)でも、かつての自分よりゃいいって思える自分に成れてる。
人として成長してるってことを目指してもないし、そんな陳腐な言葉に感動もしない。
でも、俺は相変わらず欲深いし、人を喜ばせたいし、まともに狂ってると思う。
それを正当に評価して欲しい。自己満足はもういいから。
だって俺、自己満足のレベルで言ったら、首吊りながらオナニーするぐらいのことしてきたもん。

ウチノや、モリノは、そんな俺を後押ししてくれた。
なんて言うと、ずいぶんかっこいいかな、違うな、たぶんもっと、突き放して、残酷に見つめてるのかも知れない。

「やってみろよ」と。

マキタスポーツを作ったマキタ学級のライブに、俺が出れないってのは、単純に、俺が売れて、他の仕事があったからってことだけじゃない意味や、意義がある。
彼らは、俺がいなくったって客を入れなくちゃいけないし、出れない俺は、その仕事で明確な結果を出さなくちゃいけない。つまり、そういう勝負なんです!

俺の芸風は、マキタ学級以外では作れなかったし、マキタ学級も、俺しか作れなかった。


2013年1月25日(金)『マキタ学究5』
渋谷HOME(http://www.toos.co.jp/home/
開場19:20 / 開演19:50
前売2500円 / 当日3000円(各1D別)
出演:マキタ学級(スーパーモリノ、ウチノファンタジー)
※マキタスポーツは映像出演となります。

前売予約は渋谷HOMEサイト
または reserve@toos.co.jp 宛に公演名、お名前、枚数を明記してお送りください。
| otoneta | 学級日誌 マキタ | comments(0) | - |
新世界
120422_2128~0001.jpg
大阪到着〜

| otoneta | 学級日誌 マキタ | comments(0) | - |
村岡さん
ツアー2日目。

広島で毎回ライブに来てくださる村岡さん宅にご挨拶にうかがう。

村岡さんは、森野、内野の大学の先輩のご実家。
当の村岡さんは今はいない。亡くなってしまったんだよね。俺はもちろん会っていない。でも、村岡さんのご両親は、自分の息子の後輩達のライブにまで来てくれるんだよ。まったく、どれだけの愛情なんだよと思う。関係ない俺にまで情を注いでくれる。毎回、たまらない気持ちになる。ウル。

凄くカッコイイお父さんと、大きな愛情のお母さんと、マキタ学級は、こちらのご両親の普遍的な愛の力で、少なからず立たされてるのかもなんて、お世辞でなく思うんだよね。俺も人の親だしね。でも俺にこんなことが出来るだろうかと。つくづくすげービッグハートだ、村岡さん家族は。


そんなわけで、マキタ学級は一路大阪へ。
| otoneta | 学級日誌 マキタ | comments(0) | - |
ツアー初日、広島
120421_1609~0001-0001.jpg
横川シネマ。

今年で7回目。過去最高入場者数、過去最高の盛り上がり。新しい客層も多く、刺激的な夜でした。皆、パワーあったな〜

昼過ぎに、ネタ拾いのためにマツダスタジアムに行ったんたけど、あそこ最高なのな。広島の人羨ましいわ。あんな環境で野球見れるなんて。俺田舎、市民の娯楽なかったから。山梨の娯楽はここじゃ書けないものばかり(笑)

で、横川シネマ。
館主の溝口氏には毎度頭が下がりますな。一生懸命客呼んでくれて。それだけじゃなくて、自分の面白いものをちゃんと集めてる感じ。執念なのかな、わかんないけど。シンプルだよね、自分の進むべきことにひたむきだよ。まぁ素朴。

打ち上げに行った地元の居酒屋でのこと。
「この白の唐揚げって何の肉?」て、店の大将に訊いたら…

「わからない」

だって(笑)。真顔でだよ。笑ったよ。



俺らが溝口に出来ることは、見初めてもらった恩を倍返しにすること。

また来年!ありがとう、溝口。ありがとう広島〜
| otoneta | 学級日誌 マキタ | comments(0) | - |
ぷらすとガール
120403_2020~0001.jpg
原田まりる

聡明な子って印象かな。オタクだし、意見をしっかり言えるし、間もよくわかってる。タツオとなんか一緒になった日にゃ、ウィトゲンシュタインがどうとか、二人でよくわかんないことを喋ってる。なんか怖ぇよ(笑)

「迷ったら、リスクを取る」

これ、彼女が口にした印象的な言葉。
なかなか言えないよ。俺なんか迷ったら酒飲んじゃうもん(笑)

“中身も男”なのかもな〜

カッコイイぞ、まりるちゃん!
| otoneta | 学級日誌 マキタ | comments(0) | - |
ぷらすとガール
120327_2018~0001.jpg
浅野かや

この子、まだ19歳。
すっとぼけてて、素直で明るい子です。
でも、闘志は実はありそう。でも原稿が読めない(笑)

彼女は周りを明るくしてくれるナチュラルな魅力があるよ。芯が強そうだしね。

自分が19歳の頃と比べたら、全然しっかりしてる。原稿読めないけど(笑)

頑張れ、かやちゃん。
| otoneta | 学級日誌 マキタ | comments(0) | - |
ぷらすとガール
120322_2012~0001.jpg
さがゆりこ

元ミス日本、スタイル抜群、実家は北陸のメディア王、帰国子女…

肩書きだけみたら、まー取っつきニクいったらないけど、そんなことはない。とてもサッパリしてて、眼光も鋭く、声もデカい。だから、一見取っつきニクいと見せかけて、本当に取っつきニクい(笑)。だって、東京に出て来て、一度も痴漢に遭ったことないっていうんだもん。そりゃ痴漢もよく判ってるわ(笑)

でも、彼女は真っ直ぐなだけで、マジだから面白いんだよね。ぷらすとガールズの中じゃ、実は、コメディエンヌの才能が一番ある。
面白いこと言わなくていいのよ、コメディエンヌは。「よろちくびー!」とか(笑)。貴婦人がバナナの皮でコケれば十分。“きちんとしてる”ってのが最大の筋フリ。彼女は凛としてるから逆に面白い。

あと、この子観察してて面白いのは、写メを人に頼まない。例えば自分とのツーショットを撮りたい時、自分で手を伸ばして撮るんだよね。“痴漢に遭う子”は、写メ人に頼む子っぽいよなぁ、って(笑)

なんでも自分で解決してきた子、さがゆりこ。今後も楽しみな素材ですな〜
| otoneta | 学級日誌 マキタ | comments(0) | - |
ぷらすとガール
120321_2013~0001.jpg
くぼたみか

このシリーズ、まだ書き方決めてなくて、冒頭で呼び捨て。
前に書いた宇井愛美だけ、「宇井愛美ちゃん」て書いちゃってる。でもここは、まずは敬称略で。
以降決め事にします(笑)

で、くぼたみか(笑)

この子は、まあまあ歳イッてるんだけど(笑)、ビジュアルがロリ入ってるから、通称「エロリータ」とか自称で言ってるんだ(笑)

一番いじりやすい子で、一番頑張り屋さんかな。他の子が頑張り屋じゃないわけじゃないけど、「頑張り」が目に見えるタイプ。

音楽の水曜日担当で、26歳の割にはいろいろ音楽知ってて、吸収しようという意欲も凄くある。でも、健気過ぎていじられちゃうんだよね(笑)
本人は多分イヤだろうけど、後々、こういう感じって響いてくると思う。

彼女は、“仕事をするおじさん達”に何かを与えてくれる子だと思う。だって、バンドだと「ベーシストが好き」とか言うんだもん(笑)

期待してまーす、くぼたみか!
| otoneta | 学級日誌 マキタ | comments(0) | - |
ぷらすとガール
120319_2019~0001.jpg
宇井愛美ちゃん。

ぷらすとガールズの中で、一番まともな子(笑)
ま、他が個性的過ぎるんだけどね。

月曜、スポーツ担当。アウトドアに強い。
スタッフからは「宇井ちゃんは、可愛い可愛い」ってちやほやされる役。で、それにヤキモチを焼く他、という構図。

将来はどんなことになるんだろう。芯が強そうな感じなんで、楽しみな子です。
| otoneta | 学級日誌 マキタ | comments(0) | - |
ぷらすとガール
120316_2015~0001.jpg
宮河まや

「WOWOWぷらすと」ていうUST番組をやってんだけど。まやちゃんは金曜担当のガール。

日蘭のハーフで、21歳のモデル。芸歴は21年っていうんだから生まれついてのモデルだ。

まー奔放な子で、本番じゃ、髪はとかすわ、物食うわ、外をボンヤリ眺めるわ、とにかく勝手(笑)。

でも意外に鋭くて、勉強家な面もある。

放送上のセオリーもへったくれもないし、挙げ句の果てに、女性器の医学名称を英語で言って、放送をUST本体から切られちゃったりしたこともある(笑)
ま、これはダイノジ大谷君に言わされたんだけど(笑)
俺は、平成の松本明子事件って呼んでる。

でも盛り上がるんだ、彼女がいると。気取らないし、かわいいよ〜
| otoneta | 学級日誌 マキタ | comments(0) | - |
<new | top | old>