マキタ学級日誌

マキタスポーツ率いるマキタ学級が贈る活動日誌
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
・出演スケジュール
2/5(木)@新宿LOFT「Rock is Culture2015」出演(Fly or Die)
3/20(金)@渋谷TSUTAYA O-EAST「マキタスポーツEXPO2015」出演(Fly or Die)
4/24(金)@六本木morph-tokyo「Rock is Culture2015」出演(Fly or Die)
PROFILE
プロフィール

マキタ学級
オフィス北野所属のマキタスポーツ率いる音楽プロジェクト。2001年にマキタスポーツのバックバンドとして構成され、2006年3月より精力的にライヴ活動を展開。これまでにシングル1枚とアルバム3枚をリリースした。現在はジミー岩崎(Key)とゲイリー堀崎(G)を加えた5人編成となり、シリアスなロックバンドからコミックバンドまで演じる幅広いエンターテイメントショーを展開。2014年初頭よりV系バンド・Fly or Dieとしても活動している。
L→R ウチノファンタジー(Ds)マキタスポーツ(Vo)スーパーモリノ(B)
RECOMMEND
推定無罪
推定無罪 (JUGEMレビュー »)
マキタスポーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH
<< 緊急配信「許可局ができること」 | main | フィロソフィ >>
佐野さんの詩

〜それを「希望」と名づけよう〜

佐野元春


街が揺れた夜、君はひとり無断で、
市営プールに潜りこみ、身体を水に浸した

そして暗がりの中、瞑想した

人は時に、光に水に、雨に風に、感謝し、
人は時に、光に水に、雨に風に、屈服する

この闇の向こうに震えるのは
誰か、嘆きの声

同胞の不在は確かに不可解だ

それはそうだ
しかしどうだろう

君は偽善の涙など流さないと誓ってくれ
決まりきったお悔やみなど無用だと言ってくれ

夜が明けて、そこにいつもどおりの太陽が照り、
草木は首をもたげ、
鳥たちは空を往く

あぁ、美しくも残酷なクリシェ!

一方で、
君の身体の細胞ひとつひとつに染みいる光はどうだ
傷だらけではあるが依然雄々しいその筋肉はどうだ

そうさ、君は同胞の不在を気にかけているんだろうが、

たとえば、
偶然にも生き残った君の生を讃えてみてはどうだ?
たとえば、
生き残ったことへの幸運を噛みしめてみてはどうだ?

不謹慎だとわめく偽善者を後に残し
君が光を放つことで、友を弔うんだ

それを「希望」と名づけていいんだよ

余震は続く

-----
2011年 誕生日に寄せて
佐野元春
| otoneta | 学級日誌 マキタ | comments(1) | - |
あや (2011/03/19 10:27 PM)
佐野さん、素敵です。