マキタ学級日誌

マキタスポーツ率いるマキタ学級が贈る活動日誌
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
・出演スケジュール
2/5(木)@新宿LOFT「Rock is Culture2015」出演(Fly or Die)
3/20(金)@渋谷TSUTAYA O-EAST「マキタスポーツEXPO2015」出演(Fly or Die)
4/24(金)@六本木morph-tokyo「Rock is Culture2015」出演(Fly or Die)
PROFILE
プロフィール

マキタ学級
オフィス北野所属のマキタスポーツ率いる音楽プロジェクト。2001年にマキタスポーツのバックバンドとして構成され、2006年3月より精力的にライヴ活動を展開。これまでにシングル1枚とアルバム3枚をリリースした。現在はジミー岩崎(Key)とゲイリー堀崎(G)を加えた5人編成となり、シリアスなロックバンドからコミックバンドまで演じる幅広いエンターテイメントショーを展開。2014年初頭よりV系バンド・Fly or Dieとしても活動している。
L→R ウチノファンタジー(Ds)マキタスポーツ(Vo)スーパーモリノ(B)
RECOMMEND
推定無罪
推定無罪 (JUGEMレビュー »)
マキタスポーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH
<< こりゃツアーに来た方がいいぜ! | main | ザンジバルナイト、学級で出演 >>
ブルース・スプリングスティーンは”何故アメリカ”っぽいのか?
JUGEMテーマ:音楽
CRT & レココレ Presents Vol.152
『百人町からの挨拶〜マキタスポーツとBOSSを聴こう!〜』




■お待たせしました!大好評のCRTfeat.マキタスポーツ第三弾。
マキタさんの楽しくも鋭い音楽洞察エンターテインメントと、CRTの熱い音楽鑑賞スピリット(※笑って飲んでメートルあげてキュンとする、の意)が奇跡のコラボレーション!

■ 今回のお題は、新作『レッキング・ボール』を発表したブルース・スプリングスティーン。あんなボス、こんなボス、いろんな角度からボスの深く果てしない魅力をじっくり語り合っちゃいます。そして、スプリングスティーンという偉大なオリジネイターから始まったロックンロールのあんなこんなの歴史についても洞察しまくっちゃいます。

■あの奇跡の“佐野元春ナイト”から1年!今回もスペシャルな夜になる予感たっぷり。とは言いつつ、どんなことになるかまったく予想がつきません(いい意味でw)。気楽な飲み会気分で遊びに来てくださいね!

※満員の場合、当日ご入場できない可能性があります。できれば電話でのご予約をおすすめします。

出演】マキタスポーツ、萩原健太(音楽評論家)、能地祐子(音楽評論家)、祢屋康(レコード・コレクターズ編集部)

OPEN 18:30/ START 19:30
料金¥1500(+1drinkから)
※お問い合わせ・ご予約はネイキッドロフト店頭電話にて受付中!!
16:30〜24:00 (03-3205-1556)

アメリカの”第二国家”みたいなアンセムだらけだよ。すごく良かった!

とにかく健太さんには、「ブルース・スプリングスティーンは”何故アメリカっぽいのか?”」訊こうっと!

| otoneta | ライヴ情報 | comments(0) | - |